• 住空間のトータルアドバイザー 三浦 真実

不思議な足跡


今年の年末年始は水道凍結が多発しましたね。床下換気口がきちんと閉まっているか点検して歩いた時のこと。


換気口の側に足跡のような物があるのを発見しました。しかしこれ、お隣りとの境辺りで途絶えていて、そこにちょっと穴があって、何とも妙な具合なんです。んー、何かが雪の下から這い出てきたのかな?謎が解けないまま凍結の手当てをし、車に乗ったら…

犯人はカラスでした!なるほど、空から来たのなら、足跡が急に途絶えたのもわかります。しかも、穴の位置に盛んに嘴を突っ込んで、お食事中。雪の中から隠しておいたと思われる餌を引っ張り出しては食べていたのでした。


りすが地面に餌を埋めておくというのは聞いたことがありますが、カラスも蓄えておくとは知りませんでした。点検口の側まで来てたってことは、最初はそこに餌を隠しておくつもりだったんでしょうか。しかし雪を利用するとは、冷蔵庫がわりというか、雪室でしょうか、つくづく頭がいいですね。



35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夕やけ市

旧正月