• 住空間のトータルアドバイザー 三浦 真実

頼れる存在

自宅前の道路が雪解けの悪路となり牽引してもらった話の後日談。翌朝、道路がきれいに除雪され、スタックする心配もなく出勤したまではよかったのですが、夕方とある機械式の駐車場に入れようとしたら、何やらメキっと下の方から異音が。そのまま車を預けましたが、用事を足して車を出庫し走らせてみると、あきらかに何か引きずっている音がします。これはもしや・・・今シーズン2回目の、エンジンカバーの破損でした(TT)

実は前回もこの駐車場の係員さんに、何かぶら下がっているのを入庫前に発見してもらって車屋さんに直行し、用事を済ませている間に直ったという経緯がありましたが、今回はそう上手くは事が運びませんでした。翌朝、近所の車屋さんに飛び込んでみたものの、予約客で混んでいてすぐには対応がきかないとのこと。やむなくいつも定期点検をしてもらっている、遠いのですが馴染みの車屋さんに電話で相談してみたら、系列の車屋さんで近い所に応急処置の予約を入れてくれて助かりました。今年はこの手の修理が多いそうです。悪路のせいでしょうね。 住宅の仕事でも、故障や修理は業者さんのスケジュールもあるので、お客様にご連絡いただいても歯がゆい思いをすることもあるのですが、せめていつでもご相談いただける頼れる存在でいられるように、私も精進しようと思いました。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

寄り道