• 住空間のトータルアドバイザー 三浦 真実

張る財布

春は「張る財布」に繋がるとのことで、お財布の新調などにもよい季節とされているそうですが、残念ながらお金以外の物で財布が張っている、という方、結構いらっしゃるのでは?先日、お財布に関する本を読んでいたら、ゴミ屋敷ならぬ「ゴミ屋敷財布」という言葉が出てきました。



財布はお金にとっては家と同じ。なので、ゴミ屋敷財布とは、ゴミ屋敷のお財布バージョンで、不要な物が色々つまっているお財布のことだそうです。いらないレシート、使っていないポイントカード、使うあてのない割引券を始め、メモ、ボタン、薬。。。他にも意外な物まで入っていて、お金じゃないものでパンパン、というお財布、ありますね。かくいう私も、お札より余計な紙類が多い、なんてことがしょっちゅう。お財布も鞄に入れっぱなしでした。そこで、帰宅したらお財布を鞄から取りだし、札入れ部分に入っている余計な紙類は全部出して、お財布も所定の場所に置くようにしました。お財布を取り出すたびに気持ちよく使えて金運もアップしそうな気がしてきますし、帰宅時のオン・オフの切り替えにもなり、小さな場所ですが綺麗をキープできている自信に繋がります。片づけが苦手な残念な張る財布の持ち主さんは、この春、まずは財布の脱ゴミ屋敷化をはかってみてはいかがでしょう?


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

八十八夜